日本の心を伝統の技術に託す忠保の甲冑

名作のご案内

忠保の甲冑は、金工、漆工、染織皮革などの技術を結集した、総合工芸品とも呼べるもの。
長年の研鑽により、磨き抜いた技を用い、一品一品、心を込めて、手造りで制作しています。
日本の伝統が生んだ美しい造形である甲冑で、日本人が持つ華麗な心を表現するため。
日夜、妥協のない作業に励んでいます。

陣羽織  豆かぶと

6ページ中6ページ l 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 r
陣羽織
武将たちの陣羽織

徳川家康公

とくがわいえやすこう

陣羽織
陣羽織
武将たちの陣羽織

前田利家公

まえだとしいえこう

陣羽織
陣羽織
武将たちの陣羽織

伊達政宗公

だてまさむねこう

陣羽織
豆兜
  間口 奥行 高さ 高さ(八幡座まで)
極上 18 12 22 19
徳川家康公 18 12 22 18
伊達政宗公 18 12 24 18
豆かぶと
  間口 奥行 高さ
正成公之兜 18 12 25
総大将 18 12 24
大将軍 18 12 22

6ページ中6ページ l 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 r